とりあえず演劇バナシしてみようと今日この頃。
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄--(--) --:--   スポンサー広告 | | | ↑Top
The House of Bernarda Alba : 30/03/05 Lyttelton


(C) Catherine Ashmore

★★★★☆(3stars and a quarter)
生まれて初めて舞台の上に本物の雨が降るのを見た。
しょっぱそうだった。

-------------------------------------------------
5人の娘と、強靭な母。
その行く先は・・・・?
四人兄弟の末っ子だけに、
何かと心つまされる思いで鑑賞(笑)


原作・脚色・監督は男性により、”女性”を描いたオール女優キャストな面白い作品。
ところで、劇が終わった後に、主演のPenelope Wiltonを始め、”ベテラン”所3人+Staff Directorの人(やはり女性)とのQ&Aセッションがあったのだけれど、
たくさんの女優に囲まれたリハ、監督はどう思ったのかというと・・・
"Strange, but Pleasant"
(奇妙・・だけど心地いいね)
そんなリハの雰囲気が伝わる、笑える、だけど暗く悲しい物語。

ここは、バァナルダ・アルバの家。
彼女の夫のお葬式が終わる朝から劇は始まる。
頑固でワンマンなバァナルダは、15年来の付き合いになる家政婦のポンシアすらからも毛嫌いされている。
乙女盛りからそんな盛りを過ぎた年頃まで5人の娘を抱える彼女は、更にワンマン度が増す一方。
そんな母に流石の嫌気がさし、何かと反抗気味な娘達・・・
そんなおり、一番上の娘(他の子供達とは父親違い)に町一番のハンサム男が、結婚を迫る。
”姉妹の中で一番ブサイク・性格最低・絶対金目当て”と妹達に影口をたたかれる中、一番下の娘が不穏な動きを見せる・・・・

家族内で繰り広げられる微妙な人間関係。
それに、近所の人やら、何やらが交じり合って更にややこしい。
でも、やはりメインフォーカスはずっと、母と娘達。
特に、この姉妹間の関係がかなり難しい。
まるで切れかけのロープ一本で保たれているつり橋のように、危うい。
皆が皆、心の奥では相手を出し抜こうとしている。
特に、血縁関係だからといって手抜き一切無し。 恐ろしい。


2度あるインターヴァルのおかげでアクトとアクトの間がしっかり取れていて観やすかった。 ビックリ。
(特に最近観た劇はほとんどインターヴァルがなかったから・・)
ペネロープ・ウィルトンが名演。
彼女は私の超・大好き映画"Shaun of the dead"の天然母さんとしてしか知らなかったのだけれど、
この作品で一気に株上がりまくり。
彼女の感情が劇場の後ろまでひしひしと伝わってきた。
Q&Aでも照れながらメチャメチャ面白いコメントをしてはって何か惚れ惚れ。


天然母さんといえば、バァナルダの”部屋に閉じ込められっぱなし母さん”(ばあちゃん)が何とも凄かった。
何かもうボケちゃってるよ~って感じなのに、時たまピシッと、とんでもないコメントをヒリヒリと現実味たっぷりに言ったりして・・
その、一瞬の違いが氷のように舞台に冷や味を増していた。


Production info:
By: Federico Garcia Lorca, in a new version by David Hare
Management: National Theatre
Director: Howard Davies
Design: Vicki Mortimer
Sound: Paul Groothuis
Lighting: Paule Constable
Composer: Dominic Muldowney
Cast: Sally Hawkins, Pamela Merrick, Sandy McDade, Jo McInnes, Penelope Wilton, Mary Cunningham, Maria Golledge, Deborah Findley, Beth Fitzgerald, Sally Hawkins, Jennifer Hill, Katherine Manners, Sandy McDade, Jo McInnes, Pamela Merrick, Justine Mitchell, Cherry Morris, Jennifer Scott-Malden, Rachael Spence, Sophie Trott, Kirsty Wood
Web site: National Thatre, The Stage Review

Run time: 2 hrs 40 mins
Seat*Stall R4

(オリジナル投稿日:2005.03.31 Thursday 11:19)
スポンサーサイト







2007⁄11⁄09(Fri) 14:52   演劇*感想 | Comment(0) | Trackback(0) | ↑Top


Comment

Post a Comment












管理者にだけ表示を許可する


Trackback
Trackback URL


| HOME |

プロフィール

奈美

Author:奈美
ロンドン大学で演劇を専攻中!
・・・そんな雰囲気醸し出してないですが。

にほんブログ村 演劇ブログへ

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ブロとも申請フォーム

↑Top



Copyright © 2017 Pinkie Brown!. All Rights Reserved.

 Template by nekonomimige Photo by Encyclorecorder
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。