とりあえず演劇バナシしてみようと今日この頃。
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄--(--) --:--   スポンサー広告 | | | ↑Top
Burn/Chatroom - 4.10(National)


噂の10代の為の演劇シリーズ・プロ版を観賞。
Burn/Chatroom/Citizenshipと三作品やってるのだけど、
毎晩全てをやってるわけじゃなくって、
一番観たかったCitizenshipを残念ながら観れなかった(チケット取れなかった)
でも、BurnもChatroomも面白くって全然満足。

どちらも過激な内容ながら、もしかしたら18歳の私よりも対象年齢層は少し下?と思う部分も。主人公の年齢(主に15・6)とか。

こうゆう劇を学校でやる機会を与えてるNationalってほんっとに凄いし、そんな事が出来る英国の学生達はマジでラッキーだと思う。
ウチの高校では演劇層が薄いので噂にも聞かないけどね、こんな存在(泣)

Burnは"Birdman"と呼ばれる孤児の男の子がこの世で過ごした最後の日を彼が求め、そして手に入れられなかった"友人達"が語る物語。
Chatroomはそのタイトル通り、自殺を考える少年と彼がネットチャットルームで出会う同年代の子供達の話。
劇が終わった後の回りの人達の反応では断然"Chatroom"の方が評判良かったけど(ってかBurnのが良かったって言ってる人聞かなかった)
個人的には、Burnの方が後に残るものが大きいかなって。
Chatroomはラストが今イチ掴み取れなかった。それは私の感や解読力が悪いのか。元からこの作品のコンセプトを分かっていなかったのかは知らないけど、結局あのキャラクター達が伝えたかったものが何ともいえなかったよ。
逆にBurnはインパクトこそあれかもしれないけれど、”友達を求める気持ち”や”他人をあざ笑う心”(これはChatroomでのメインポイントでもあるけど)などの表現方法が胸にチクときた。
私が今まさに10代だからこそ感じる胸の痛みなのかもしれないと思った。


余談だけど、Mercury Furの弟役だった役者さんがBurnに出てた(Citizenshipにも出てるみたい。マジで見たいー)
最初30分”どっかで観た事あるよな~”と脳の4分の1ぐらい劇どころじゃなかったよ(コラ)
にしてもタイプキャストされてないか・・・?(苦笑)ダウンタウン系ではない、ちょっと違う彼も見てみたい。
スポンサーサイト






2007⁄11⁄10(Sat) 02:02   演劇*感想 | Comment(0) | Trackback(0) | ↑Top


Comment

Post a Comment












管理者にだけ表示を許可する


Trackback
Trackback URL


| HOME |

プロフィール

奈美

Author:奈美
ロンドン大学で演劇を専攻中!
・・・そんな雰囲気醸し出してないですが。

にほんブログ村 演劇ブログへ

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブロとも申請フォーム

↑Top



Copyright © 2017 Pinkie Brown!. All Rights Reserved.

 Template by nekonomimige Photo by Encyclorecorder
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。